岩村紅茶について

2000年の創業以来、主にスリランカ産の高品質な紅茶、ハーブ、食品を取り扱っております

2017年5月末日に銀閣寺の店舗を閉店後、卸業を続けながら新天地を探してまいりましたが、この度2020年3月10日に三条六角に新店舗をオープンすることとなりました。年に数回スリランカへ足を運び、産地のアイデンティティを明確に表現したシングルエステート(単一農園)の茶葉の魅力をより多くの方に知って頂く機会になりましたら幸いです。

  • ルンビニ FBOP
  • ルンビニ PEKOE
  • ルンビニ FBOPF ex SP
  • ルンビニ FBOPF ex SP-1
  • UVA FBOP
  • UVA OP-A
  • シルバーティップ
  • ゴールデンティップ
1992年に1人のスリランカ人との出会い、かの地を旅して以来、様々な出会いに導かれて現在に至ります。
スリランカはかつて「セレンディップ」と呼ばれ『偶然と才気によって思いがけない発見をする*』
という意味であるセレンディピティの語源になったとも言われています。
このような幸運を私どもの商品を通じ、皆さまにお届け出来ましたら幸いです。
*書籍『セレンディップの三人の王子たち―ペルシアのおとぎ話 』(偕成社文庫)より
岩村紅茶 代表  岩村大起

商品について

岩村紅茶の“美味しい”は下記の3つの条件を満たしています

個性的なテロワール

土壌や気候、日照時間などの自然環境と紅茶づくりへ情熱を傾ける人々がつくり出す茶葉は、その土地でしか表現できない味です。スリランカの茶園は200近くあると言われていますが、その中で厳選した農園を選んでいます。

直接取引

仲買人から仕入はせず、直接現地へ出向き、茶園で働く人の様子や工場での衛生管理を確認することを大切にしています。創業当時から欠かしていないことであり、20年来に渡るスリランカでの信頼関係を元に仕入をしています。

サスティナブル

オーガニック製法で自然に負荷をかけることなく作物を育成するのはもちろんのこと、そこで働く人々の生活や経済も持続可能であるよう公平な取引をしています。また、そのような取り組みをしている茶園と取引をしています。

ホテル・レストラン等の外食産業へ卸、プライベートブランドやOEMについてもご相談を承ります。
店頭では紅茶を試飲して頂けますのでお気軽にお越し下さい。
また、ティーマスターとともに行くスリランカの茶園を巡るツアーも企画中です。

お問合せ

商品やお取引に関するお問合せはメールかお電話にてお願いいたします。

電話:080-4390-5668 メール:info@teaiwamura.com